9/30
いきいき茨城ゆめ国体2019 9/29〜30

茨城県土浦市 霞ヶ浦文化体育会館

公式サイト

  団体戦 予選
1回戦 埼玉県 長崎県
2回戦 埼玉県 島根県
3回戦 埼玉県 岩手県

  団体戦 決勝トーナメント
1回戦 埼玉県 岐阜県
準々決勝 埼玉県 和歌山県

  個人戦 決勝トーナメント
1回戦 影山 幡谷 東洋大牛久(茨城)
1回戦 清宮 川渕 金沢学院(石川)
1回戦 竹田 本松 日田林工(大分)
1回戦 手計 山本 文徳(熊本)
1回戦 田村 箕島(和歌山)
2回戦 竹田 田場 北部農林(沖縄)
2回戦 手計 新居 唐津工(佐賀)
2回戦 下山 小牛田農林(宮城)
3回戦 竹田 北野 熊本農(熊本)
3回戦 手計 小坂 明大中野(東京)
3回戦 大桑 飛龍(静岡)

9/1
第61回全国高校相撲宇佐大会 9/1

大分県宇佐市 宇佐市総合運動場 相撲場

公式サイト

  団体戦 予選
1回戦 埼玉栄 三本木農業 (青森)
2回戦 埼玉栄 農業経営 (香川)
3回戦 埼玉栄 博多 (福岡)

  団体戦 決勝トーナメント
2回戦 埼玉栄 文徳 (熊本)

  個人戦 予選
1回戦 竜口 玉城 中部農林(沖縄)
1回戦 手計 高橋 楊志館(大分)
2回戦 清宮 冨田 佐伯豊南(大分)
2回戦 影山 神宮 多久(佐賀)
2回戦 竜口 草野 文徳(熊本)
2回戦 手計 佐藤 弘前実業(青森)
3回戦 清宮 大和 近大附属(大阪)
3回戦 手計 中村 岡山理大附属(岡山)

  個人戦 優秀32選手決勝
優秀32 清宮 川副 文徳(熊本)
優秀32 影山 可貴 金沢学院(石川)
優秀32 手計 本庄 近大附属(大阪)
優秀16 手計 川渕 金沢学院(石川)

8/5
令和元年度全国高等学校総合体育大会 7/26〜28

沖縄県沖縄市 沖縄県立武道館

公式サイト

  団体戦 予選
1回戦 埼玉栄 諫早農業 (長崎)
2回戦 埼玉栄 唐津工業 (佐賀)
3回戦 埼玉栄 向の岡工業 (神奈川)

  団体戦 決勝トーナメント
1回戦 埼玉栄 文徳 (熊本)

  個人戦 予選
1回戦 納谷 谷木 下関北(山口)
1回戦 清宮 大桑 飛龍(静岡)
1回戦 手計 ムンクジャルガル 新名学園旭丘(神奈川)
2回戦 清宮 大越 日本大学東北(福島)
2回戦 手計 平野 大曲農業(秋田)
2回戦 納谷 上野 福井農林(福井)
3回戦 清宮 中濱 諫早農業(長崎)
3回戦 手計 井手 拓殖大学紅陵(千葉)
3回戦 納谷 須増 岡山理科大学附属(岡山)

  個人戦 決勝トーナメント進出者決定戦
1回戦 納谷 加藤 和歌山商(和歌山)
2回戦 納谷 吉田 岐阜農林(岐阜)
2回戦 清宮 松本 津島(愛媛)

  個人戦 決勝トーナメント
1回戦 納谷 下山 小牛田農林(宮城)
1回戦 清宮 松永 拓大紅陵(千葉)
2回戦 清宮 草野 文徳(熊本)

6/10
第67回関東高等学校相撲大会 6/8・9

東京都葛飾区 エイトホール

団体 優勝 14年連続24回目
個人 無差別級 優勝 手計 太希
無差別級 準優勝 清宮 一翔
中量級 優勝 木村 豪斗

  団体戦 決勝トーナメント
準々決勝 埼玉栄 旭丘(神奈川)
準決勝 埼玉栄 拓大紅陵(千葉)
決勝 埼玉栄 向の岡工(神奈川)

  個人戦 無差別級
準々決勝 手計 竜口 埼玉栄
準々決勝 影山 石塚 向の岡工(神奈川)
準々決勝 小原 向の岡工(神奈川)
準々決勝 清宮 幡谷 東洋大牛久(茨城)
準決勝 手計 石塚 向の岡工(神奈川)
準決勝 清宮 埼玉栄
決勝 手計 清宮 埼玉栄

  個人戦 重量級
準々決勝 宮崎 井手 拓大紅陵(千葉)
準々決勝 神崎 小林 日体大柏(千葉)
準々決勝 浅野 亀井 東洋大牛久(茨城)
準々決勝 酒井 角田 拓大紅陵(千葉)
準決勝 宮崎 小林 日体大柏(千葉)
準決勝 酒井 亀井 東洋大牛久(茨城)

  個人戦 中量級
準々決勝 木村 五十嵐 太田工(群馬)
準決勝 木村 大場 足立新田(東京)
決勝 木村 旭丘(神奈川)

5/19
第103回高等学校相撲金沢大会 5/19

石川県卯辰山相撲場

公式サイト

  団体戦 決勝トーナメント
2回戦 埼玉栄 岡山理大附(岡山)
3回戦 埼玉栄 文徳(熊本)

  団体戦 予選
1回戦 埼玉栄 明野(三重)
2回戦 埼玉栄 水戸農(茨城)
3回戦 埼玉栄 中部農林(沖縄)

  個人戦 決勝トーナメント
1回戦 影山 深沢 海洋(新潟)
2回戦 山崎 三本木農(青森)

5/11
大相撲 貴景勝 化粧まわし贈呈式

大相撲で大関昇進を果たした本校出身の貴景勝関を祝い、
化粧まわしを贈呈いたしました。

十両昇進の際に贈呈したオレンジ色の化粧まわしとは異なり、
大関以上が身につけられる紫色の化粧まわしを新たに贈呈いたしました。

貴景勝関からは「本当にかっこいい。これに恥じない相撲を取らないと」
「次の番付を目指したい」と、決意が述べられました。


Copyright (C) Saitamasakae Sumo Club. All Rights Reserved.